皆さん、お仕事で疲れたり少し風邪気味だって時に栄養ドリンクやエナジードリンクなんかを飲んでいませんか?

実はこれが逆に体のだるさや無気力さ、鬱までも引き起こす原因になっているって知ってましたか?

今日は怖ーい、お砂糖のお話しです^_^

栄養ドリンクやエナジードリンクだけではありませんが、皆さんが炭水化物(糖)をたくさんとった時、脳内ではシュガーハイという現象が起こっています。

糖が大量に血中に入ってくると急激に血糖値があります、そうすると脳には大量のエネルギー(糖)が流れこみます。

そうするとエンドロフィンという脳内麻薬といわれる物質が分泌されます、これはいわゆる麻薬を打った時に脳から分泌されるホルモンで幸福感を得ることができます。

人間の体は急激に上がった血糖値を下げるためにすい臓からインスリンというホルモンを分泌します。

インスリンはどうやって血糖値を下げるかというと血中に溢れた糖を脂肪細胞へと運ぶ事で血中の血糖値を下げますのでこの段階で太るという事になります。

更に危ないのは、血糖値が急激に下がる事で脳は麻薬が切れたと判断するので更に多くの炭水化物(糖)を食べろと指示を出します。

これが太るメカニズムです。

そして、麻薬が切れると体はどうなるかというと急激に元気が失われ、倦怠感や睡魔、無気力に襲われます、これがお砂糖が鬱の原因になっていると言われる所以です。

研究では白糖をとると直後から2時間は腸の動きが麻痺して止まってしまうという症例もあります。体の動きを止めてしまうほどの劇薬という事でしょうか。

実際、白糖はコカインの数倍の依存性があるといわれています。

テレビCMでも有名な栄養ドリンクで角砂糖15個分の砂糖が入っていると言われていますので大変な量が一気に体に入ってくるわけです!

これは怖い…..

皆さん、そろそろ目を覚ましましょう!

健康に必要なものをしっかりとチョイスしましょう!

必要なものを見極める力を持ちましょう!

極力加工食品を避けて、出来るだけ自然のままに近いかたちで摂取できる食べ物をとりましょう!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます^_^