ダイエットの大敵と言われる糖質ですが特にお砂糖の弊害についてに研究結果をよく耳にすることが多くなってきましたので今日はお砂糖の体に及ぼす影響について見ていきましょう^_^

皆さんもお馴染みの白砂糖ですが材料は主にサトウキビ、大根などから作られています。

原材料としての砂糖は精製されていない段階(黒糖)などではミネラルやビタミンを多く含み健康については摂取に害はないと言われています。

ですが白砂糖に関しては精製を幾度も繰り返していくうちに全てのミネラルやビタミンが抜き取られ最終的には自然界には存在しない化学調味料となってしまうのです。

よく白砂糖はコカインと同じ精製方法で作られコカインよりも依存性が強く健康被害をもたらすと言われますがこれは白砂糖の性質によります。

白砂糖はそれ単体でミネラルもビタミンも含まず代謝の段階で体の多くのビタミンやミネラルを引き込みながら分解されます。

急激に血糖値を上げ、インスリンを大量に放出させるために体の弊害だけでなく精神的な障害も引き起こす可能性が高いとされています。

うつ病やストレス、依存性やイライラなどがこの白砂糖によって引き起こされているという研究結果もあります。

「この世から白砂糖をなくしたら精神病はこの世からなくなる」と提唱しているジョンワトキンスという博士もいるくらいです。

よく甘いものを食べると虫歯になるというのは甘いものによる直接の原因ではなく白砂糖が骨のミネラルを分解の過程で奪っていくことでカルシウムの分解が起こるためということがわかっています。

ここに白砂糖の引き起こす弊害の主なものを挙げておきますので皆さんも症状に心当たりがあるか今一度確認して見てくださいね^_^

ミネラル吸収障害
免疫力低下
筋弾力低下
視力低下
低血糖
早老化
虫歯
肥満
歯周病
関節炎
ぜんそく
血管硬化症
静脈瘤
骨粗鬆症
成長ホルモン減少
血圧上昇
やる気の低下
食物アレルギー
糖尿病
白内障
脂肪肝
学習障害
うつ
消化不良
アルツハイマー

妊娠早産
月経不順
副腎機能低下症

それでも白砂糖をとりますか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます^_^