糖質の制限は健康増進のための世界的な流れです。

体の仕組みを知って体が喜ぶ食環境作りを行いましょう^_^

皆さんこんにちは、フレイムのカズです^_^

体づくり頑張っていますか?

ここ最近よく耳にするようになった糖質の制限と言う言葉ですが、ただ単にダイエットに役立つからという理由だけではなく糖質を制限していくことはこれからの私たちの健康を維持していく上でもとても大切なことです。

前にもここのブログで厚生労働相やWHO(世界保健機構)の新たな糖質摂取に関する指針についてもお伝えしていますよね。

最近ではどんどん研究が進められていて糖質が体に及ぼす影響や脳に与える深刻な影響、糖尿病改善の糸口として注目されています。

糖尿病1型や2型、妊娠性の糖尿病などに効果があることはもちろん、ボケやアルツハイマーの予防やグルテンに含まれるグリアジンという肥満促進物質の影響など体に悪影響を及ぼす恐れのある物質の非摂取運動などが高まっています。

今やお食事の主食は米であるという考え方は変わりつつあるのかもしれません。

ケトアドシスの仕組みや糖新生の本来体が持っている自然な機能の回復が注目されてもいますよね^_^

皆さん、うまく炭水化物(糖質)と付き合ってダイエットや体型維持、免疫力の高い体づくりを行なっていきましょうね!

最後に、人間の体を構成している主要な栄養素はタンパク質です^_^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!